一般のお客様向け

商品の取り扱いについて

各種取り扱い説明書、機能・種類については、資料をダウンロードしてご覧いただけます。

カーテン取扱説明書
ローマンシェード取扱説明書
機能・種類について
スタイルカーテンなどの種類について
カーテンのスタイルは、ますます多様化し、ファッショナブルになってきています。
窓のタイプやインテリアに合わせて、お好きなスタイルをどうぞ。
ドレープスタイル
  • サイドボーダースタイル サイドボーダースタイル
  • ボトムボーダースタイル ボトムボーダースタイル
  • ノンタックウェーブ ノンタックウェーブ
  • ハトメスタイル ハトメスタイル
  • タブトップスタイル タブトップスタイル
レーススタイル
  • ハイギャザーダブルトリム ハイギャザーダブルトリム
  • ハイギャザーフリル ハイギャザーフリル
  • クロスオーバー クロスオーバー
  • スカラップウェーブ(フリル) スカラップウェーブ(フリル)
  • スカラップアーチ(トリム) スカラップアーチ(トリム)
ローマンシェード
  • プレーンシェード プレーンシェード
  • シャープシェード シャープシェード
  • プレーンシェードサイドボーダー プレーンシェードサイドボーダー
  • プレーンシェードボトムボーダー プレーンシェードボトムボーダー
  • バルーンシェード(プレーン) バルーンシェード(プレーン)
カーテン地の種類と特徴について
カーテン地の種類は、一般的に生地の性質によって分類されています。
主に、次の5種類に分けることができます。それぞれ上手に使い分けることをお勧めします。
ドレープ一般にいう厚手カーテン。保温性にすぐれ高級感があります。無地のものと柄のものとがあります。
遮光外部からの光をさえぎる機能を持った暗幕カーテン。
プリント比較的フラットな生地にプリントしたカーテンで、表現が自由で大胆な柄も多く、ファッショナブルなカーテン地です。
レース織物や編み物の技法で作られた透過性のあるカーテン地です。
ケースメント「ドレープ」と「レース」の中間的なカーテン地。透過性もありますが、レースよりは厚くボリューム感があります。