“WOVEN NARRATIVES”

- Kyoto, the landscape of Four Symbols -

川島織物セルコンは、2022年6月7日~6 月12日まで、イタリア で開催される世界最大模のデザインの祭典『ミラノデザインウィーク』に参加し、ミラノ最古の文化協会 Circolo Filologico Milaneseの図書館で、「WOVEN NARRATIVES - Kyoto, the Landscape of Four Symbols -」(邦題:移ろう景色の中で紡ぐ物語 - 四神が司る京都 - )の展示を開催します。

2019年についで2回目の出展となる今回は、世界から高い評価を受ける気鋭のクリエイティブユニットAtMa inc. のアートディレクションによりインスタレーションを展開。

移ろいながらも1000余年続いてきた「京都の景色」と、古来より東西南北から京都を守ってきたとされる神話上の霊獣「四神」の物語を、織物にあたる光を操ることによって見る時間帯や角度で色や表情が大きく変化する” 耀彩織物”を使用したオブジェと、創業より長きにわたり継承してきた伝統的な手織りの織物で表現します。
図書館という沢山の物語が紡がれてきた場所の中、ダイナミックな空間構成と多彩な表情を見せる織物で語る川島織物セルコン発祥の地・京都の物語は、不変と革新の重なりがもつ可能性を示唆しています。

職人による伝統ある手織、新しいアイディアに挑戦する機械織。
その二つの技術を用いて川島織物セルコンにとってゆかりのある「四神が司る京都」をモチーフに織物のある風景を表現した空間を作ります。
過去から受け継ぐ文化や伝統と新しい技術を掛け合わせた、多様な表現のオブジェ達は光や風や空気の中で無数に色や表情を見せます。
デジタル情報やイメージが溢れる時代だからこそ精度の高い織が作り出す圧倒的な物質の存在を感じ未来の風景へのアイディアやインスピレーションへ繋げてほしいという思いを込めました。

WOVEN

川島織物セルコンは、日本の伝統的な織りの技術(西陣織)に加え、カーテン、壁用のクロス、椅子の貼り地などのインテリア用ファブリックなども生産している、伝統技術と現代技術の両方を併せ持つ会社です。

今回の展示では、伝統的な織物4種に加え新作の機械織の織物4種の計8種の織物を制作しました。

東西南北に鎮座する 青龍・白虎・朱雀・玄武の「四神」を伝統的な織物で、その四神が鎮座する京都の風景を角度によって見え方が変わる織物を機械で制作、オブジェに仕立てました。

OUTLINE

ミラノ最古の文化協会である図書館という数多くの物語が紡がれてきた場所が本展示の舞台。

移ろいながらも1000余年の時を超えて続いてきた「京都の景色」と、その京都を古来より東西南北から守ってきたとされる神話上の霊獣「四神」(青龍、白虎、朱雀、玄武)の物語を、四神が司る土地の象徴的な風景(川・道・池・山)を表す4種のオブジェと8種の織物で語ります。

KYOTO
SEIRYU
BYAKKO
SUZAKU
GENBU
SEIRYU
SEIRYU - Kamogawa River
東方を守護する霊獣。鹿の角を持ち、長い舌をだした青い龍の形をしている。京都では市内東部を流れる鴨川にあたると言われる。
BYAKKO
BYAKKO - Sanyo Road
西方を守護する霊獣。細長い体をした白い虎の形をしている。京都では市内西部を通っていた山陽道にあたると言われる。
SUZAKU
SUZAKU - Ogura Pond
南方を守護する霊獣。翼を広げた鳳凰様の鳥の形で表される。京都では市内南部にあった巨椋池にあたると言われる。
GENBU
GENBU - Funaoka Mountain
北方を守護する霊獣。脚の長い亀に蛇が巻き付いた形で描かれることが多い。 京都では市内北部の船岡山にあたると言われる

DESIGNER

AtMa
AtMa
鈴木良と小山あゆみにより2013年に設立されたクリエイティブユニット。
ファッションショップやレストラン、ウィンドウディスプレイなどの空間のデザイン、ホテルやアパートメントのディレクションに加え、近年ではプロダクトデザイン、インスタレーションなど活動の幅を広げている。
2019年のミラノデザインウィークでも大きな注目を集め、2020年のFRAME AWARDではエマージングデザイナーオブイヤー部門でPEOPLE’s CHOICEを受賞。

OVERVIEW

出展テーマ
英題:WOVEN NARRATIVES - Kyoto, the landscape of Four Symbols -
邦題:移ろいの中で紡ぐ景色の物語 - 四神が司る京都 -
開催期間
2022年6月7日 (火) ~12 日 (日) 10:00 - 20:00
会場
Circolo Filologico Milanese 2F8B https://filologico.it/
住所
Via Clerici 10, 20121 Milano
主催
株式会社川島織物セルコン
EAST
SEIRYU
SEIRYU - Kamogawa River
東方を守護する霊獣。鹿の角を持ち、長い舌をだした青い龍の形をしている。京都では市内東部を流れる鴨川にあたると言われる。
WEST
BYAKKO
BYAKKO - Sanyo Road
西方を守護する霊獣。細長い体をした白い虎の形をしている。京都では市内西部を通っていた山陽道にあたると言われる。
SOUTH
SUZAKU
SUZAKU - Ogura Pond
南方を守護する霊獣。翼を広げた鳳凰様の鳥の形で表される。京都では市内南部にあった巨椋池にあたると言われる。
NORTH
GENBU
GENBU - Funaoka Mountain
北方を守護する霊獣。脚の長い亀に蛇が巻き付いた形で描かれることが多い。 京都では市内北部の船岡山にあたると言われる