展示情報

  1. HOME
  2. 展示情報
 

卓上の華・テーブルクロスと皿敷

川島織物セルコンが明治中期より手掛けた卓被(たくひ)や卓敷(たくしき)、皿敷(さらしき)の史資料やコレクションを紹介します。文明開化と共に洋風建築と調和する室内装飾織物のアイテムに卓上を飾るテーブルクロスのような卓被や卓敷が求められるようになりました。二代川島甚兵衞は、1886(明治19)年の初の海外視察を経て、内装様式においての卓上を飾る品々の必要性を実感しました。帰国後、早々に室内空間のトータルコーディネートを想定し、当社独自の意匠や製作方法を考案、普及させていきました。卓上を華やかに彩る染織品と様々なデザインの魅力をご堪能ください。

主な出展
  • 紋織卓被「蜀江文」明治後期
  • 綴織卓被「瑞鳥宝相華文(ずいちょうほうそうげもん)」(原画:大高為山)昭和期
  • 綴織卓被原画「扇面流水(せんめんりゅうすい)」 (原画:澤部清五郎)1924(大正13)年頃
  • 紋織卓被試織(部分)「土耳古風模様(トルコふうもよう)」大正期
  • 皿敷と図案(各種)明治期
関連リンク
【ご参考】プレスリリース
 

ゆらめく立涌文様(たてわくもんよう)

立涌とは、雲気(水蒸気)が立ち上がる状態に見立てた並列する2本の線の、中央がふくらみ両端が細くなった形をした文様のことです。そこから、運気上昇の意味が込められ、縁起が良いとされています。川島織物文化館の所蔵する明治〜昭和期の図案や試織から、選りすぐりの立湧文様を紹介します。
川島織物セルコンでは、この立涌文様を帯や室内装飾織物などに多く用いてきました。文様は時代にあわせ変化をし、柔らかさも力強さも感じる一種の様式化された立涌の中に、唐草や菊、波など様々な自然のモチーフが組み合わされていきます。その豊かな表現や時代の流行に見る、ゆらめく世界をお楽しみください。

主な出展
  • 帯地 正絵(図案)「波立涌龍の丸」(大正期)
  • 帯地 正絵(図案)「春秋立涌」(明治後期〜大正期)
  • 帯地 見本裂「赤地菊立涌」(大正期)
  • 装飾裂地「赤地雪輪立涌」(明治後期~大正期)
  • 装飾裂地「松立涌亀甲」(大正期)
関連リンク
ゆらめく立涌文様 チラシ
【ご参考】プレスリリース
 

創業180周年特別企画 ありがとう そして、未来へ

川島織物セルコンが創業し180年という年月がたちました。この間、皆々様とのご縁に恵まれ、ご支援を賜り、お客様のご期待に添えるよう織物づくりに取り組んできました。
今回の特別展では、皆さまに「ありがとう」の心を伝えるべく、川島織物文化館に収蔵している初代川島甚兵衞から四代甚兵衞にわたる貴重な史資料をひも解きます。
まずは時代の転換期を乗り越える力を与えて頂いた方々の書簡などを通して。次に、激動の時代を乗り越え、近代化へと向かう四代甚兵衞の時期に携わった逸品から感謝の心をお伝えします。そして最後に、創業からモノづくりに尽力した先輩諸氏と未来を担う社員を紹介します。「ありがとう」の心をこめて。

主な出展
  • 初代川島甚兵衞一代記 東翠石筆 明治中期
  • 書簡 アーネスト・フェノロサ直筆 1893年
  • 紋織丸帯見本裂「正倉院文様」 1942年
  • 最高裁判所旧庁舎大法廷 紋織 天井張試織 1948年頃
関連リンク
ありがとう そして、未来へ チラシ
【ご参考】プレスリリース

創業180周年特別企画 さあ、幕あけの時 大舞台を彩る緞帳

創業180周年特別企画展の第二弾は、川島織物セルコンが製作してきた緞帳に迫ります。
緞帳とは、主に舞台と客席を仕切る幕であり、劇場建築の室内装飾を兼ね備えるものです。そして何より観客に愉しんでいただいたりホッとしていただくような大きな役目を担うものです。
当社はいつ頃この緞帳と出会い、製作を開始したのでしょうか。本展では、川島織物文化館に現存する資料を探り、今尾景年(いまおけいねん 1845-1924)が揮毫(きごう)した構想画や試作をはじめ、海外天年(かいがいてんねん 1860-不詳)直筆の下絵、吉原治良(よしはらじろう  1905-1972)の構想画など数々の収蔵品を初公開します。また普段目にすることの出来ない綴織緞帳の知られざる世界を一部ご紹介します。

主な出展
  • 墨彩刺繍 引幕 緞帳 試作「平安神宮大極殿」 今尾景年 筆 1893年
  • 刺繍 引幕 緞帳 草稿画「六歌仙」 海外天年 筆 1901年
  • 綴織風 緞帳 下絵「朝の歓喜」 吉原治良 筆 1951年
  • 綴織 緞帳 原画「正倉院刺納袈裟文」 澤部清五郎 筆 1960年
  • 綴織 緞帳 マケット「祭の記録」 向井良吉 作 1961年
関連リンク
さあ、幕あけの時 大舞台を彩る緞帳 チラシ
【ご参考】プレスリリース

当館は事前予約制です。
見学をご希望の方は、
予め インターネットでご予約 をお願いします。