展示情報

  1. HOME
  2. 展示情報

昭和のはじめを駈け抜けた とっておきの一着

川島織物セルコンは創業時から、モノづくりの参考になる古今東西の珍しい染織品を収集してきました。収集品はすこしずつ増え続け、唯一無二のコレクションとして、川島織物文化館で守り伝えています。
収蔵品の中には寄贈を受けた貴重な染織品も数多くあり、1992~2003年にかけて、きもの研究家の草柳アキさん(1927-2007)より寄贈いただいた240点余りの和装品もその一つです。寄贈品の中核は昭和初期から中期の晴れ着で、色柄は時代性を色濃く反映しており、和服史上においても伝え残すべき大変貴重なものばかりです。一枚のきもの・一筋の帯が醸し出す “昭和” を、選りすぐりの逸品よりご覧ください。

主な出展
  • 丸帯「花葵」(まるおび・はなあおい) 1935(昭和10)年頃
  • 四つ身 長襦袢「入子菱に霰」(よつみ・ながじゅばん・いりこびしにあられ) 1935(昭和10)年頃
  • 振袖「鏡松」(ふりそで・かがみまつ) 1940(昭和15)年頃
  • 丸帯「亀甲鳳凰」(まるおび・きっこうほうおう) 1935(昭和10)年頃
  • 三つ身 丸帯「市松に蝶々」(みつみ・まるおび・いちまつにちょうちょう) 昭和初期
  • 半衿「鱗市松に菊」(はんえり・うろこいちまつにきく)(年代不詳)
関連リンク
婦人画報デジタルで紹介いただきました。
昭和のはじめを駈け抜けた とっておきの一着 チラシ
【ご参考】ニュースリリース

明治の世界へタイムスリップ 「写真で楽しむ時間旅行」

川島織物文化館は、染織品に加え、歴史を物語る様々な史資料を収蔵しています。中でも写真は、様々なことを知る大切な情報源であり、織物を製作するための資料や、完成品の広報物として撮影されたものなど、当時のモノづくりが分かる貴重なものもあります。
「写真で楽しむ時間旅行」展では、当社が明治期に撮影・収集したものや、寄贈された写真の中から、“旅”をテーマに約50点を選定、川島織物と京都の風景、日本の名勝、万国博覧会の出展風景、海外の景色などをご紹介します。また、当時、当社と深い関わりのあった人物のポートレートも展示しています。

主な出展
  • 川島織場 表門 タフト陸軍長官来場(1905年)
  • 静岡:白糸の滝を写生する今尾景年(1893年頃)
  • イギリス:日英博覧会 京都館正門(1910年)
  • エジプト:スフィンクス(不明)
  • 土方久元/宮内大臣(1903)
  • 辰野金吾/建築家(不明)
  • 上田屋東京店(設計:辰野金吾、1917年)(上田屋は当時の屋号)
関連リンク
写真で楽しむ時間旅行 チラシ
【ご参考】ニュースリリース

うちの玉手箱 (一の巻)

川島織物文化館のコレクションは、微風でも飛んでしまいそうな小裂(こぎれ)から巨大な壁掛やカーペット、とても古い貴重な染織品や、川島織物セルコンが創業から培ってきたモノづくりの過程や歴史を語る史資料まで、実に様々です。近年の特別展では、初公開作品を取り入れた展示企画を行っていますが、公開に至ったものはごくわずかです。そこでこの機会に、館員が是非ともご紹介したかった未公開作品や、再度の出番を永年待ち続けてきた館蔵品までを取り揃え、「うちの玉手箱」と題し、お届けします。とても一度では紹介しきれないこの企画。まずはバラエティーに富んだ初回 ”一の巻” をお楽しみ下さい。

主な出展
  • 綴織壁掛原画「白孔雀」守住勇魚(もりずみいさな) 1901(明治34)年
  • 壁画「私たちの誓」より画稿「糸」伊藤清永(いとうきよなが) 1964(昭和39)年
  • 「ヴィーナスの首」向井良吉(むかいりょうきち) 1973(昭和48)年
  • レースつけ襟(近藤コレクション)ベルギー/フィリピン 制作年不詳
関連リンク
うちの玉手箱 (一の巻) チラシ
【ご参考】ニュースリリース

挑戦をつづけた はじまりのモノづくり

現在は織物メーカーである川島織物セルコンですが、創業当時は呉服悉皆(しっかい)業を主としていました。創業者より事業を継いだ二代川島甚兵衞が、1884(明治17)年に自社工場「川島織場」を建設し、縮緬(ちりめん)織物の製造を開始しました。さらにこれに止まりたくないと、きらびやかな西陣織の新商品を模索していた最中、海外視察の機会を得て、1886(明治19)年に渡欧したことが、川島織物セルコンにとって大きなターニングポイントとなりました。
本展では、二代川島甚兵衞が帰国した1887(明治20)年から数年間に行った、怒濤の改革を物語る当時の製作資料を、初公開作品も含め、多く展示しています。骨太の精神で果敢に挑み、今日の会社の礎を築いた痕跡を是非ご堪能ください。

主な出展
  • 明治期に収集した海外の見本品(色糸・裂地・小物など)
  • 明治宮殿 婦人室 緞帳 紋織 小下絵「秋草紋様 菊花の図」 今尾景年 筆 / 1887(明治20)年
  • 綴織 壁掛 原画「犬追物」 原在泉 筆 / 1888(明治21)年頃
  • 綴織 壁掛 織下絵「花篭と金魚」 川端玉章 筆 / 1891(明治24)年頃
関連リンク
はじまりのモノづくり チラシ
【ご参考】ニュースリリース

あなどるなかれ織物図案 「葵祭」

川島織物セルコンの創業二代目である二代川島甚兵衞は、1893(明治26)年に京都の三大祭りのひとつである葵祭(あおいまつり)の路頭の儀(ろとうのぎ)を題材にした縦340cm巾730cmという巨大な綴織壁掛「葵祭」(現:米インディアナポリス美術館蔵)を制作しました。二代甚兵衞は、葵祭の詳細を一枚の画面に表すべく、図案を日本画家の今尾景年に依頼しましたが、人物の部分には洋画家である田村宗立のリアルな表現を加え、図案の完成度を高めることにこだわりました。二代甚兵衞の熱意が二人の有名画家の合作を生み出したとも言えます。 本展では試行錯誤を重ね完成した織物図案にスポットを当てご紹介しています。比叡山をバックに展開する壮大な葵祭の光景を是非ご鑑賞下さい。

主な出展
  • 綴織壁掛原画「葵祭」 / 今尾景年 筆 / 明治24(1891)年頃
  • 綴織壁掛織下絵「葵祭」 / 今尾景年 筆 / 明治2年(1892)年頃
  • 壁掛 行列人物の図 校正画「葵祭」 / 田村宗立 筆 / 明治24(1891)年
  • 綴織壁掛試織「葵祭」 / 二代川島甚兵衞 作 / 明治24(1891)年
関連リンク
葵祭 チラシ
【ご参考】ニュースリリース

当館は事前予約制です。
見学をご希望の方は、
予めお電話でご予約をお願いします。