ページ内を移動するためのリンクです。
JavaScriptをONにしてご覧ください。
ここからメインコンテンツです
現在表示しているページの位置

環境配慮型商品について

環境プロジェクトのあゆみ

1999年
  • ・ 市原事業所 環境ISO14001認証取得
2000年
  • ・ 塩ビタイルリサイクルシステム「SRTS」発表
2001年
  • ・ 業界初シックハウス対応(セリスト加工)全品採用カーテン「VITA」発表
  • ・ 次世代壁装システム「FAB-ACE」発表
  • ・ セルコングループ 環境ISO14001承認
2002年
  • ・ JR東北新幹線はやてに「ハニカムセル」採用
2003年
  • ・ 廃床材リサイクル循環システム「e-RECYCLED」発表
  • ・ ハイテクポイント・エコシリーズ エコマーク認定
  • ・ ハイテクポイント・エコシリーズ「モザイク」発表
2004年
  • ・ ハイテクポイント・エコグラフィック「コーストライン」発表
  • ・ ハイテクポイント・エコシリーズ 各自治体のリサイクル製品に認定 - 愛知県リサイクル資材評価制度「あいくる材」 - 大阪府リサイクル製品
2005年
  • ・ 環境対応型置き敷きタイル「リファインバック®エグザ」発表 エコマーク認定
2006年
  • ・ グラフィックタイルカーペット「VOL.1」発表 エコマーク取得、エコリーフ取得
2007年
  • ・ グラフィックタイルカーペット「VOL.2」発表 エコマーク認定、エコリーフ取得
  • ・ タイルカーペット「カラーバンク マルチ/ストライプ」発表
  • ・ エコーマーク認定、エコリーフ取得
2008年
  • ・ 京都議定書発効に合わせて業界初「カーボンオフセットタイルカーペット」発表 - CO2排出権購入でタイルカーペット製造段階におけるCO2排出量を50%にまで削減
  • ・ タイルカーペット「カラーバンク マルチ/ストライプ」グッドデザイン賞受賞
  • ・ 「カラーバンクサキソニー」発表 エコーマーク認定、エコリーフ取得
2009年
  • ・ 「リファインバック®エグザ」 業界初エコリーフ取得、グリーンエネルギーマーク採用
  • ・ タイルカーペットのサンプル回収システム開始
  • ・ オーダーカーテン「FELTA」発表 カーテンリサイクル開始
  • ・ グッドデザイン賞 サステナブルデザイン賞受賞
2010年
  • ・ 業界初環境省認定「エコ・ファースト認定企業」となる
  • ・ エコベーシックロールカーペット発売 カーペットリサイクル開始
  • ・ エコベーシックロールカーペット「ウールベーシック」エコマーク認定
  • ・ 「ウールフローリング」エコマーク認定

ページの先頭へ

廃床材循環型リサイクルシステムの取り組み

ECOフロアにしよう

床からECO

2003年に立ち上げた、開発・製造・施工・回収・再生まで一貫した循環システムによるエコプロジェクトです。 廃PVC(ポリ塩化ビニル)リサイクル循環システム「e-RECYCLED」の実現により、回収された廃PVCをタイルカーペット・PVCタイルとも再資源化し、リサイクルバッキングとして使用、エネルギーもCO2排出量も大幅に削減しています。
このシステムの構築により、タイルカーペット・PVCタイルでエコマークを取得しました。また、エコリーフ環境ラベルにも積極的に登録しています。

エコマーク認定品

床からECO

エコマーク制度は、1989年にスタートした財団法人日本環境協会が実施している環境事業のひとつです。環境保全に役立つと認められる商品に「エコマーク」をつけることで、環境という観点から商品の情報を提供、消費者が環境に優しい商品を選択する際の目安になっています。

エコリーフ環境ラベル登録品

床からECO

エコリーフとは、LCA(※)という手法を用い、資源採取から製造・組み立て・物流・使用・破棄・リサイクルまで、製品の全ライフサイクルで発生する環境負荷を数値化し開示する制度で、社団法人産業環境管理協会が認証したものだけに付与される環境ラベル(タイプⅢ)です。製品の環境への影響は、マーク下に記載された製品登録番号によって検索することができます。

※Life Cycle Assessmentライフサイクルアクセント

e-RECYCLED対象商品

カラーバンク

マルチ/ストライプ/サキソニー/デッサン/カスリ/ナギ

アートバンク

ラダー/トゥイッグ/ウォーターリップル/ストラタムⅡ/マイカ/シェイド/ビーム

ページの先頭へ

カーボンオフセットの取り組み

カーボンオフセット対象タイルカーペット

2008年4月より国連認証温室効果ガス排出枠の購入で、カーボンオフセット対象タイルカーペットの販売を業界で初めて実現しました。従来品よりCO2排出量を約18%削減、リサイクル率43%以上(総重量比)という、業界最高水準のタイルカーペットの商品化に成功しました。しかしながら、製造段階などで排出されるCO2のゼロ化までは、まだ達成できていません。そこで、排出されるCO2の一部を温室効果ガス排出枠の購入によりオフセット(打ち消す)し、従来のリサイクルと合わせ、対象商品のCO2総排出量を半減(※)させます。この排出枠の購入費用は当社が負担し、販売数量に基づき日本政府に無償譲渡しています。

※カラーバンク マルチ/ストライプで試算

カーボンオフセット

対象商品にはこのマークがつきます。(自社マーク)

カーボンオフセット対象商品をご採用いただくだけで地球温暖化防止に寄与します。

2009年 国連認証排出権(CER)償却実績

2009年度カーボンオフセット対象タイルカーペットの販売数量に基づき、国連認証排出権で、1,198トン分のCO2をオフセットしました。 温室効果ガス1,198トン分のCERは日本国政府に譲渡、京都議定書で定められた90年比6%削減という日本国の目標に貢献しました。

CO2削減量のアップ エコリーフ(LCAデータ開示)の成果

エコリーフは、製造の各工程におけるCO2排出量とエネルギー消費量をデータ化して公開するので、どの工程でいくらCO2を排出しているかが「見える化」されています。そこで、タイルカーペット製造工程で発生するCO2排出量の削減に向け、改善活動を実施しました。協力工場の省エネ推進、使用済みタイルカーペットの回収量の増加を図り、削減率7%のアップを達成、合計で18%の削減ができました。(カラーバンクの場合)

カーボンオフセット対象商品

カーボンオフセット商品出荷証明書 対象商品をご購入の場合、証明書を発行いたします。

カラーバンク

マルチ/ストライプ/サキソニー/デッサン/カスリ/ナギ

アートバンク

ラダー/トゥイッグ/ウォーターリップル/ストラタムⅡ/マイカ/シェイド/ビーム

インターフェイス

スレッド/エントロピー/サファリ

商品発表会のカーボンオフセット

例年開催しているコントラクト新商品発表会で、2008年より発表会そのものをカーボンオフセットしています。2010年は、東京・大阪・名古屋・福岡の4カ所で開催。
会場で使用した電力、展示物の輸送、ゴミの廃棄、来場者の会場までの交通などから発生したCO2排出量10t分を(※)J-VERでオフセットしました。

※温室効果ガスの排出削減・吸収量をオフセット・クレジット(J-VER)として認証、発行する仕組みです。J-VERは、企業や個人、自治体が主体的に行うカーボン・オフセットの取り組み(商品・サービス・会議・イベント・自己活動等)に活用することができます。

ページの先頭へ

再生可能エネルギー活用の取り組み

再生可能エネルギーの利用拡大 <グリーン電力による生産>

2009年6月より、置敷ビニル床タイル「リファインバック®エグザ」の製造に、風力や太陽光、バイオマスなど自然循環の中で生まれるエネルギー源で発電されたグリーン電力を採用しました。バイオマス発電のグリーン電力証書を購入し、製造工程(※1)で消費する電力に充当、製造時に発生するCO2をゼロにしています。 年間約71,000KWHの電力をグリーン電力で充当し、約39トン(※2)のCO2を削減します。

※1 製造工程とは以下の2工程 ラミネート工程(トップフィルム・印刷フィルム・バッキングを熱圧着し、貼り合わせる工程) カレンダー工程(塩化ビニル樹脂コンパウンドを一定厚さのシート状に圧延する工程)

※2 平成18年経済産業省・環境省令第3号算定デフォルト値から算出

グリーン・エネルギー・マーク採用

この製品の製造(ラミネート・カレンダー工程)における電力の100%は、グリーン電力を使用しています。

グリーン・エネルギー・マークとは、製品製造時に消費する電力がグリーン電力によって賄われている製品に付けられるマークで、グリーンエネルギー認証センター(※)が制定しています。リファインバック®エグザは、インテリア業界初のグリーン・エネルギー・マーク採用商品です。

※(財)日本エネルギー経済研究所の付属機関。環境への負荷が小さなエネルギーに関する認証および調査研究を行う。

グリーン電力証書

グリーン・エネルギー
商品出荷証明書

対象商品をご購入の場合、証明書を発行いたします。

ページの先頭へ

資源有効活用の取り組み

サンプル出荷時に同封する案内文

カーペットサンプルの回収・リユース
「捨てる」から「活かす」へ

年間出荷量約1万枚にも上るタイルカーペットのサンプル。デジタルカタログをホームページ上で公開するなど、近年の技術進化によって、配布数は減少しているものの、まだ大量のサンプルを出荷しています。これまで廃棄されることが殆どであったサンプルをリユースすることで、少しでもCO2排出量の削減に貢献できるのではとの考えから、サンプル回収システムを確立しました。一般の廃棄物として処理される場合と比較し、1枚あたり約3.3kg(※)のCO2排出量削減につながります。

※エコリーフのデータを元に焼却処理の場合と比較(自社調べ)

ページの先頭へ

カーテン・カーペットリサイクルの取り組み

カーテンリサイクル

業界初!広域認定の取得によるカーテンリサイクル「FELTA」

フラットカーテン:FT1899 ラグ:FR5992

窓からECO

2009年7月に発売したオーダーカーテンシリーズ「FELTA」は、インテリア業界初の制度として、広域認定制度のもと商品を回収・リサイクルする仕組みを確立しました。 使用済みのご不要になったカーテンを回収、破砕した後、環境再生利用認定のケミカルリサイクル手法で、CO2を発生させずに炭化水素油・ガス・炭素に再生します。このケミカルリサイクル手法は、経済産業省が進める繊維リサイクル法の制定を見据えたリサイクル手法として注目されており、リサイクル後に残渣を100%排出させない高度な技術で、環境に優しいカーテンの完全リサイクルを実現します。

FELTAの詳細はこちら

川島織物セルコンではメーカー縫製したカーテンの洗濯絵表示ラベルに、右記の川島織物セルコンリサイクルカーテンマークを付けています。 このマークの付いているカーテンは、お客様と当社が連携し、ご不要になったカーテンの適切な処理と有効活用を目指し、回収リサイクルします。

リサイクルで「エコマーク」取得

【リサイクルの「エコマーク」認定基準】

  • ・ 製品は使用後引取り、リサイクルすること
  • ・ 不用品となった製品を引き取り、リサイクルされる仕組みを整えていること
  • ・ 廃棄物の処理、清掃に関する法律を遵守すること

FELTAは2009年、グッドデザインサステナブルデザイン賞を受賞しました

オーダーカーテンシリーズ「FELTA」は、グッドデザイン賞特別賞のひとつであるグッドデザイン・サステナブル賞(経済産業大臣賞)を受賞しました。 ファブリックメーカーとして、デザインや素材へのこだわりはもちろんのこと機能の充実、環境配慮型商品としても徹底的にこだわり、オーダーカーテン初のCO2をほぼ100%発生させないリサイクルシステムを確立、そのリサイクルシステムでエコマークを取得しました。
また、遮熱や保温効果による消費電力・CO2削減効果を、見本帳(生地サンプルカタログ)に表示するなど、環境配慮への取り組みが高い評価を受け、特別賞の受賞となりました。この賞は、全ての対象者の中から地球環境を踏まえ、持続可能な社会の実現を目指していると認められたものに贈られる賞です。

カーペットリサイクル

既にカーテンシリーズ「FELTA」で採用しているリサイクルシステムを、ロールカーペットにも導入しました。

循環型社会の形成を目指し、不要になったロールカーペットを産業廃棄物として処分するのではなく、 循環型利用できるよう、広域認定制度に基づき「再生利用リサイクルプロセス」に取り組んでいます。 回収したロールカーペットは、再生利用認定を取得しているリサイクル施設を利用し、 炭化水素油・ガス・炭素に再生されます。

リサイクルの概要 <ケミカルリサイクルについて>

分子レベルまで科学的に分解し、再利用するリサイクルです。繊維製品そのままリサイクルすることが 可能です。川島織物セルコンが取り組むケミカルリサイクルは、「コークス炉ガス」やトレイなどカーボン材の原材料となる「炭化水素油」などの化学原料に戻します。リサイクル後に残渣(ゴミ)を100% 排出させない高い技術により、環境に優しいカーペットの完全リサイクルを実現します。

環境負荷低減効果について

通常、カーペットを産業廃棄物として焼却した場合と比較してリサイクル重量を1,000㎏(1t)とすると 約2.3tのCO2排出を削減できます。

回収について

産業廃棄物の広域輸送は、弊社のシステムを使用いたします。現場からの回収運搬については、 弊社営業員へお問い合わせください。

リサイクル手順

  1. 1. 不要になったカーペットを回収
  2. 2. 粉砕→ケミカルリサイクル
  3. 3. 再利用

回収目標

2020年3月までに約5万㎡(約100t)

CO2削減量

100tのカーペットリサイクルで約228tのCO2排出量を削減

リサイクルで「エコマーク」取得

KT1101

「エコベーシックロールカーペット」のウールベーシックと「ウールフローリング」は、回収してリサイクルするウールのロールカーペットとしてエコマーク認定を受けました。 よって、川島織物セルコンのウール素材のロールカーペットは、全てエコマーク認定商品となりました。

【リサイクルの「エコマーク」認定基準】

  • ・ 製品は使用後引取り、リサイクルすること
  • ・ 不用品となった製品を引き取り、リサイクルされる仕組みを整えていること
  • ・ 廃棄物の処理、清掃に関する法律を遵守すること

ページの先頭へ

その他環境配慮型商品のご紹介

『FAB-ACE(ファブエース)』環境適合型壁装システム

特殊取り付け部材「ジョイナー」の開発により、接着剤を使用せずにファブリックの脱着が可能な壁装システムです。壁紙と異なり、模様替えなどの時にファブリックだけの交換で済み、再施工時の廃棄物の削減につながります。また接着剤を使用しないので、VOC (揮発性有機化合物)も発生せずシックハウスの心配もありません。接着剤が乾くまでの不愉快な臭いもなく、施工後すぐに部屋の使用ができます。不燃石膏ボード下地で、不燃認定を取得しており、ホルムアルデヒド発散等級はF☆☆☆☆相当です(FAB-ACEは壁紙と異なり接着剤を使用しないため建築基準法F基準の規制対象外となります)。 さらに吸音性にも優れ室内の不快な残響音を軽減、より快適な音環境を確保します。断熱にも効果を発揮し、柔らかな仕上がりで、気品のある落ち着いた雰囲気を醸し出します。施工部材がリサイクル可能な材料で作られているだけでなく、リユースもできるなど、環境適音性の高さでも優れた壁面施工法と認められています。

ページの先頭へ

banex(バネックス)

地球温暖化防止・CO2削減・化石燃料の使用量削減などを目指し開発しました。特殊なポリエステル素材を使用し、独自の繊維組織を作り上げることで、通気性・軽量性に優れると共に、クッション性も有する次世代ファブリックです。banexはポリエステルのみの単一素材で、リサイクル性に優れ、焼却においても一般的なウレタンの様に有毒ガスが発生する心配はありません。省スぺース性・耐久性に優れ、これまでにない椅子の魅力を創造する素材として注目を集め、事務機器メーカーの椅子に採用されたことを始め、著名デザイナーとのコラボレーションにより開発した「Mチェア」は代表的商品です。

閉じる

閉じる

閉じる

ページの先頭へ