ページ内を移動するためのリンクです。
JavaScriptをONにしてご覧ください。
ここからメインコンテンツです
現在表示しているページの位置

緞帳

緞帳製作のパイオニアとして、伝統の技と先端技術で荘厳な空間を提供する。

美術工芸織物の沿革

織物には、技を極めた職人の手で丁寧に織り進められた、芸術品と言っても過言ではないものがあります。川島織物セルコンは、1843(天保14)年の創業当初より織物の新しい可能性を追求し続け、各国の万博に壁掛けの大作を出展するなど、精緻な織技術の研鑽・大きな織物の製織など様々な挑戦を続け、芸術性豊かな美術工芸織物の創作と開発に力を注いできました。

現在では、緞帳・祭礼幕・化粧まわしなどの特注織物からテーブルセンターなどのご家庭用品まで、様々な美術工芸織物の製作はもちろん、歴史的価値の高い古い織物の修復・復元などにも取り組んでいます。

昭和新宮殿 豊明殿 「豊幡雲」京都迎賓館 晩餐室 「麗花」

緞帳の歴史

最高裁判所 大法廷 「日」
NHKホール 「銀令」

川島織物セルコンの緞帳製作の歴史は古く、明治26年に平安神宮協賛会に納めた「平安神宮大極殿の図(今尾景年画)」墨彩・刺繍引幕にはじまります。大正12年には大阪・松竹座にドレープ製緞帳、また昭和24年に仙台公会堂に引割り緞帳(無地)、翌25年には歌舞伎座に「光琳・かきつばた図」のアップリケ緞帳を、それぞれ第一号として納入しました。

そして、昭和26年には大阪・朝日会館に吉原治良画の抽象画をもとに綴織の緞帳を製作・納入し、これがわが国の最初の綴織緞帳となりました。続いて翌27年には大阪・産経会館に「群鶴戯れの図(川端龍子)」を納入、以降、より本格的な綴織緞帳の手法を確立してきました。

 

近年では、国立劇場や国立文楽劇場などの公共の劇場から、歌舞伎座・明治座・新橋演舞場・御園座などの民間の劇場、全国各地の自治体の文化会館やホール、また学校関係の舞台など、幅広く様々な緞帳を手掛け、海外への納品したこともあります。綴織以外の手法による緞帳製作も多く、他に先駆けて着手した填糸綴(フック)緞帳や、電子織機を使用したエポテックス緞帳などは好評を得ています。また、NHKホールに納入したアルミニウム製の緞帳など特殊なものもあります。

ページの先頭へ