ページ内を移動するためのリンクです。
JavaScriptをONにしてご覧ください。
ここからメインコンテンツです
現在表示しているページの位置

美術工芸品

織物の持つ奥行きや品格の高さを活かした美術工芸品

卓越した織物技術が活かされた美術工芸品は、代々受け継がれる物づくりにおける情熱的な基本姿勢と相俟って当社の各分野の織物製作の礎となっています。

作品紹介

打掛

白一色ないしは白銀で織り上げられた白無垢打掛と朱や赤などの地色に彩色糸・金銀糸・金銀箔で織り上げた色打掛とがあります。おめでたい柄を織り出した婚礼の礼服として用います。
打掛の歴史は、江戸中期元禄時代に用いられ始めています。当社では丸帯と共に製作が開始され、今日に至っています。かつては丸帯をそのまま流用、丸帯2本分の用尺で打掛を製作していましたが、昭和40年頃より打掛専用の柄を製作、また織巾も丸帯巾より広い打掛巾に改め、より豪華で裄まで体形に合ったものが製作されるようになりました。
続いて、昭和45年頃より小巾(1尺巾)物が開発され、小巾でありながら総絵羽合わせになった豪華な柄付けのものが製作されるようになりました。

閉じる

旗

校旗・社旗・団体旗は学校や会社・団体の象徴として、非常に大切なものです。さまざまな技法を用いて旗は製作されますが、一般的には絹地に校名・校章・マークなどを金糸・銀糸・正絹色糸を用い、刺繍技法にて表現し、旗の形に仕立て上げられます。

閉じる

能衣装

能衣装は、遠く飛鳥天平の世に開化した染織の巧みな技、豊かな感情をもとに中世室町時代から江戸時代末期にわたる長い歴史の営みのなかで培われてきました。その意匠や織技はともに大変バラエティに富み、素材は厳選され常に当時最高級の裂地類が用いられ絢爛豪華さを誇ってきました。
唐織や金襴・摺箔などの伝統技術、わが国独自の文様や配色のすばらしい発展はこの能衣装に負うところが極めて大きく、まさに織物美の極致といえます。

閉じる

テーブルセンター

自然を尊ぶ文様、幸を彩る文様など、日本に伝わる文様を精緻な織りと秀麗な色調で表現した重宝裂は 時代のセンスを取り込みながら、今に息づく伝統美として国を超え、世代を超え、人々を魅了し続けています。この重宝裂を使用してテーブルセンターに仕立て上げ、販売しております。大きさは 38×90cm、38×60cm、28×55cm、28×40cmの4種類があり、別注サイズや小物の製作も承っております。

デジタルカタログ

閉じる

化粧廻し

大相撲で十両以上の力士が土俵入りの時に締める事を許されていて、前垂れ部分に刺繍技法などで美しい絵模様などを施し、下部にバレンをあしらった物を化粧廻しと呼びます。また横綱の化粧廻しは横綱・太刀持ち・露払いの3本一組の構成となっており、今回製作させていただいた図柄「日月に鳳凰の図」は横綱白鵬関の強い要望により天に舞う勇壮な鳳凰の姿を表現した文様となっております。

閉じる

ページの先頭へ