ページ内を移動するためのリンクです。
JavaScriptをONにしてご覧ください。
ここからメインコンテンツです
現在表示しているページの位置

椅子張

素材と織の匠、優しさと確かさの手触り感、品質と風合いを備えた上質。それが川島織物セルコンの特注椅子張生地。

特注椅子張り生地

受注生産ご発注の流れ

受注生産ご発注の流れ

閉じる

インテリア計画に基づく色柄のコーディネーションはもとより、椅子の形状や椅子張用生地に求められる機能と物性を熟知した、川島織物セルコンの織技術を駆使した特注椅子張生地は、格式の高い公的施設や著名ホテルを始め、新しいインテリア感覚で話題の先端施設などで、ご採用いただいています。
織デザインは、古典柄からコンテンポラリーまで幅広いご対応が可能です。

椅子張対応 ワーウィック

オーストラリアのテキスタイルメーカー「ワーウィック社」の、椅子張用生地をお取扱しております。

banex

独自の製法、設計が次世代ファブリック、banex。

「banex」は特殊なポリエステル繊維を使用し、独自の構造組織を作り上げることでクッション性を持たせた、
次世代ファブリックに対する当社の名称です。

ウォッシャブル
洗っても縮まず、乾きも早いウォッシャブル仕様。気軽にお洗濯していただき気持ち良く清潔にお使いください。
軽量化
ウレタンフォームよりも軽い軽量素材(700g/m²)。取り扱いも手軽です。
安全性
燃焼時に有毒ガス(シアン化ガス)は発生しません。
省スペース
厚みがない布製クッション材(厚み3mm)はすっきりとした使用感です。
耐久性
弾力回復力に優れたファブリックです。
座り心地
ウレタンフォームよりも軽い軽量素材(700g/m²)。取り扱いも手軽です。
通気性
メッシュ状のファブリックなので通気性に優れ、むれ感のないさらりとした快適な感触が特徴。

banex は、著名事務機器メーカーの椅子での採用を始め、慶応大学の次世代電気自動車を開発する「エリーカ」プロジェクトにも参画するなど、次世代の椅子張用素材として注目を集めています。

ページの先頭へ