よくあるご質問 Faq

織物文化館へはどう行けばいいの?

織物文化館は京都府京都市左京区静市市原町にあります。最寄駅は、京都バス<小町寺>、叡山電鉄<市原駅>です。

織物文化館を見学するにはどうすれば良いの?

予約制になっていますので、事前にお電話でご予約ください。

開館時間は?

午前10時~午後4時30分までです(入館は午後4時まで)。

休館日は?

土曜日・日曜日・祝日です(ただし、会社の操業にあわせゴールデンウイーク・お盆・年末年始は休館となります)。

料金は?

無料です(特別展覧会は特別料金となる場合があります)。

見学時間はどれくらい?

おおよそ30分から60分が目安です。

駐車場はありますか?

敷地内に駐車場を設けています。大型バスも駐車可能です。

昼食がとれる場所はある?

ご飲食いただける施設はありません。
敷地内に大きな緑地スペースがあり、気候の良い日には、軽食持参でお楽しみ頂くことも可能です。

何を展示していますか?

収蔵作品の中から、主に自社製品の製織に用いられた明治・大正・昭和の製作資料をその時々の歴史や文化を交えながら、織物が製作されるまでの工程を展示しています。
(上代裂や名物裂、小袖などのコレクションは作品保護の為、展示を控えておりますのでご了承下さい。)
資料作品の補修にも力を入れ、調査研究がまとまり次第、初公開となる作品を含めた展示を心がけ、その都度、展示替を行っています。

何か体験できますか?

織物文化館に体験コーナーはありませんが、同じ敷地内の川島テキスタイルスクールで織や染めの体験が出来ます。
但し、本格的な作品を製作しますので、事前予約と十分な製作時間が必要です。また染織体験は有料です。お問い合わせお申し込みは、川島テキスタイルスクールへご連絡下さい。

ショップはあるの?

織物文化館では図録や絵葉書を販売しております。
また、わずかではありますが、同館内で自社製品の小物類をご購入いただけます。

ページの先頭へ